2016年12月24日

今年最後の関金に・・・

今年最後の関金に・・・

 昨日は、今年最後の関金・・・

 で、今年の最後と言えば『打ち上げ』・・・

 今年も、韓国に創作家庭料理の店、ピナリでやりました。。。

 でもって、23日は天皇誕生日で関電はお休みなもんで、その前に姫路の駅前で街頭うねうね・・・

 あたいもいつものように「原発より命」のプラカードを持って駅前をうねうね・・・

 ビラをまく人、アッピールする人、署名を集める人、カンパを募る人、歌う人・・・

 それぞれが、それぞれに、やりたいことを・・・

 そんな中、ちょいとトラブルが・・・

 何だかビラを配っていた人に、年配の男の人が、大声で何かを言っていて・・・

 何を大きな声を出してはるんやろと???

 そばに行って、「大きな声を出してはるけどどないされたんです???」・・・と聞くと・・・

 で、「あんたは坊さんか???」・・・「あんたには関係ない!!!」・・・っと・・・

 「こっちの女に話してるんや」・・・

 そんな話をしていたら、若い警察官が「一般の人から、大きな声を出してる人が居てトラブッテルのと違うかっと、通報が有んやけど、何か有ったんですか???」・・・

 「よぉぉぉ〜〜〜分からんけど、この人が何か言うてはるんで」・・・って答えると・・・

 警察官は、男の人に、何が有ったのか話を聞き始めはって・・・

 その男性に届け出をして、ビラまきをしてるんで、今のこの時間の街頭活動は何も問題は無く、ビラが要らなければ受け取る必要は無いし、嫌なら無視して行けばいいのだと・・・

 何べんも同じような話を繰り返し繰り返し、その男性にして・・・

 最後は、その男性も納得しはったみたいで、帰って行きはりました。。。

 そんな男性との出遭いも有ったんやけど・・・

 もう一人年配の女性が声を掛けて来はって・・・

 その女性はお西の僧籍を持ってはって、今は何もしてはれへんけど、あたいの恰好を見て声を掛けて来はったみたいで・・・

 坊さんの話や、お西とお東の違いの話や・・・

 で、原発の話も・・・

 「原発はやっぱりあかんな、原発のゴミが捨てるとこが無いんやもんな」・・・

 そう言いながら、もらったビラを鞄に入れながら去っていきはりました。。。

 そんなこんなの姫路駅前の「うねうね」は、予定の5時30分に終了し・・・

 でもって、ピナリで望年会・・・

 今年も、マッコリや焼酎を頂きながら、ほろ酔いで終了!!!

 でした。。。




 

 

 
posted by こてっちゃん at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

打ち上げ・・・

打ち上げ・・・

 今日は夕方から西勝寺で、朗読劇「しんらん」の語り部をしてくれはった門徒さんと一緒に打ち上げをすることに・・・

 ほんこさんでは、御伝鈔が拝読されるのは伝統的に行われて来てるんやけど・・・

 あたいは、御伝鈔を聞いてもらってても、中々、親鸞さんが本願念仏の教えに出遇って、様ざまな人と共に歩みを重ねる中で「浄土の真宗」を名のって行かれたという事が、どこまで伝わっていってるのか疑問に思っていたもんで・・・

 ほんこさんで御伝鈔の拝読は止めてしまってて・・・

 でも、何か良い方法が有ったらええのに・・・

 そんなことを以前から思ってて・・・

 今回、5月にこの朗読劇を見てから、是非これを、ほんこさんに演じてもらえばっと・・・

 で、初めての試みになったんやけど・・・

 やっていただきました。。。

 で、御伝鈔では伝わりにくかった、若き日の親鸞さんの苦悩や、当時の時代背景をスクリーンに映し出し、現代の言葉で語られることで、聞いている人たちにすごく通じ、入って行くものが有りました。。。

 でもって、ずぅぅぅ〜〜〜っと昔には有った各寺の門徒交流も出来、そんなことも含め有意義なほんこさんを勤める事が出来たと思ってます。。。

 が、あたいがお斎で一杯呑み過ぎて、後の座談をぶっ壊してしまった事は、大いに懺悔せんとあきまへんでした。。。

 そんなこんなの、反省会も兼ねた打ち上げを本日やることに。。。

 またまた、呑み過ぎないようにせんとっとおもってるんやけど・・・

 「わかっちゃいるが、やめられない!!!」。。。

 
posted by こてっちゃん at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

組内法中の報恩講も後2ヶ寺・・・

組内法中の報恩講も後2ヶ寺・・・

 今年も後20日足らず・・・

 で、組内法中の報恩講も後2ヶ寺・・・

 今週末の土・日に無量寺、そして23日に了徳寺・・・

 今年のほんこさんも、呑める時はそれなりに・・・

 ちょいと前までのように、必ずよばれると言う事は無くなって来たんやけど・・・

 で、近年、お昼だけの所も増えて来ていて・・・

 それは、身体にとってはお酒が抜けて良いんやろけど・・・

 ほんこさんらしさ???も抜けて来たような・・・

 ちょっとあたいのような酒呑みには寂しい限り。。。

 そんでも、後残ってる2ヶ寺はそれなりに出ます・・・

 「お酒」が・・・

 なんで、送り迎えをしてもらうか、代行か・・・

 そんなこんなで、今年も後、残り2ヶ寺になってしまいました。。。




 

 
posted by こてっちゃん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

報恩講 ご案内・・・

報恩講 ご案内・・・

 語り部3「お〜い。わたくし親鸞はここで、人々と共に念仏に生きました。 お〜い、21世紀。今も、念仏は絶えずに続いていますかぁっ。お〜い、聞こえますかぁ、念仏の声、お〜い、お〜い!」 語り部1「今を生きる私達が、傷つけ踏みつけてしまっているものたちのとは声。人間である事に向かわせる、その声。 受け取るべき、その声」

 この言葉は、今年の報恩講に上演して頂く朗読劇「しんらん」の最後の言葉です。

 本山研修部で作成した朗読劇がこの5月、七組西勝寺が勤められた750回御遠忌で、門徒の皆さんによって上演され、光円寺でも上演していただくことになりました。

 9歳で出家得度をし、35歳で流罪になり京の都を離れるまでの、悩み多き青年期の親鸞さんが「本願念仏の教え」と、どう出遇い生きられたのかを朗読劇を通して、確かめる事ができたらと思っています。スクリーンに映し出された様々な場面を8人の語り部達が朗読で表現していきます。 

 下記の通り本年の報恩講を厳修いたします。お誘いあわせお参り下さい。                
            

              記

    
     日時 12月3日(土) 〜 4日(日)
        3日 午後7時30分〜 お勤め・法話
           午後9時30分〜 浄土の宴


        4日 午前8時30分〜 お勤め・感話
           午前11時30分〜 お斎(昼食)
           午後1時〜 お勤め・法話
         朗読劇「しんらん」上演


posted by こてっちゃん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

本日・ご命日・・・

本日・ご命日・・・

 今日は、親鸞さんのご命日・・・

 本山では、坂東曲のお勤めが・・・ http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%9D%82%E6%9D%B1%E6%9B%B2&tid=02667f56b936b148008dbf33fec843e6&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1

 で、今日のご命日も、定例会なんで、今年の本山のほんこさんは、結局、行けんかったな・・・

 まぁぁぁ〜〜〜来月の、3日〜4日は、当寺の「ほんこさん」なんで・・・

 準備があるしね・・・

 昨日、お磨きとお華束作り・・・

 これから、山へ、花切り、あっちこっちの掃除と・・・

 そんなこんな中、本日・ご命日の集いを・・・

 で、和讃を一首づつやり始めて、今日は7首めに・・・

 でもって7首目は「道光明朗超絶せり  清浄光佛ともうすなり  ひとたび光照かぶるもの  業垢をのぞき解脱をう」。。。

 阿弥陀仏の光は、明るくて朗らかで、諸仏のはたらきを超え勝れていて、煩悩の特に、貪欲に沈む人にはたらきかけるので、清浄光佛と言います・・・

 で、その光のはたらきにつつまれ、おおわれたものは、さまざまな生きる上で犯し冒してしまうことで、垢のようにこびり付いてしまっている、善悪の縛りから気付かせ、解放させられるのです・・・

 そんな、阿弥陀仏のはたらきを讃えはってる和讃に聞いて行きます。。。




posted by こてっちゃん at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

吹き溜まり・・・

吹き溜まり・・・

 昨日は風もなく穏やかな一日だったんやけど・・・

 夜半から風が吹き荒れて・・・

 今日は風が冷たく寒い一日に・・・ 
 
 二日ほどライトアップして、夜の銀杏を楽しんだんやけど・・・

 で、綺麗に色付いていた銀杏も、あっという間に3分の1ほどになってしまい・・・

 境内が黄色い絨毯状態に・・・

 この黄色さも、2〜3日すると、くすんでしまうんやけどね。。。

 そんなこんなの銀杏の葉っぱも風に吹かれてあっちこっちに・・・

 そんな中、風の通り道が有るようで・・・

 その風に運ばれて、葉っぱの塊が・・・

 不思議なんやけど、何か所かに集まって来ていて・・・

 で、その吹き溜まりの銀杏の葉っぱを、雨が降って来ないうちに拾い集める事に・・・

 丁度、明日は燃えるごみの日なんで・・・

 とりあえず、2袋・・・

 ぎゅうぎゅうに詰め込んで・・・

 今年も、銀杏の葉っぱが舞い散る時期がやって来ました。。。

 で、風の強い日は、舞い散った葉が吹き溜まりに集まって、拾いやすくなるんやけどね・・・

 これから、葉っぱ拾いがほんこさんまで続きそうやなぁぁぁ〜〜〜

 



 
posted by こてっちゃん at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

歴史を知らへんよね・・・

歴史を知らへんよね・・・

 「古式に則った伝統の儀式」・・・

 この言葉を耳にすると、「そうなんや・・・古〜〜〜くから連綿と途絶えず伝わって来ている、由緒ある立派な儀式が執り行われたんや!!!」と・・・

 実際に、そのような儀式がいつからどのような形で始まり、誰により今日まで伝統されてきたのかも知らないまま・・・

 で、最近この言葉を耳にしたんが、三笠宮が100歳で亡くなりはって、その葬儀の「斂葬(れんそう)の儀」が執り行われた時のニュースで・・・

 この三笠宮と言う人は、1966年に「御寺(みてら)泉湧寺を守る会」の初代総裁を務めてはったそうで・・・

 30年間も総裁を・・・

 この京都にある泉湧寺は、皇室の菩提寺だったそうで・・・

 鎌倉時代の初めに後鳥羽上皇が泉湧寺で出家して以来、四条天皇から明治直前の孝明天皇まで、天皇・皇族の葬儀は泉湧寺で行われてきたそうです。。。

 で、この泉湧寺に、霊明殿という建物に、天皇家と皇族歴代の位牌が収められてるんやて・・・

 それを、明治になる時に、政府が天皇を神とする国家神道を作り上げるために、皇室がお寺で葬式をしたり仏さんや位牌を拝んでいては具合が悪いんで・・・

 御所が東京に移される時に、御所の仏間にあった歴代の位牌を泉湧寺に預けて、明治天皇の葬儀は神式にしたんやそうです・・・

 で、実は鎌倉時代の仁治三年(1242)以降、江戸時代の終わりまで、620年間は泉湧寺で葬儀が執り行われて来ていたという事です。。。

 そんなこんなで、先日の古式に則った伝統の儀式は、明治に作られたものだったようです・・・

 ということは、皇室の葬儀が連綿と神式で行われてきたわけではなく、葬儀を神式に限定し火葬ではなく土倉に限ったのは明治政府だったのですね。。。

 ほんまに歴史を知らへんということを、痛感させられました。。。

 
posted by こてっちゃん at 17:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

本日、岐阜羽島の報恩講に・・・

本日、岐阜羽島の報恩講に・・・

 今日はこれから岐阜羽島の生蓮寺のほんこさんに・・・

 近年、11月の第2土日に勤めてはるんで、毎年この時期は岐阜の羽島に行く事に・・・

 以前は、正月明けの土日にほんこさんを勤めたはったんやけど・・・

 諸事情で、11月に変更。。。

 近隣の報恩講法中でも、そうやけど・・・

 今まで勤めてはった日を変更せざるをえんように・・・

 昨日、光法寺さんの報恩講やったんやけど・・・

 ここも、ちょいと前までは、12月の13日〜14日やったんやけど・・・

 11月のこの時期に・・・

 日も曜日も決まって無いんやけど、11月のこの時期に勤めはることに・・・

 おっちこっちのお寺にも、ほんこさんのお飾り「荘厳」にも変化が・・・

 花立てさんが無くなり、ほんこさんの花がそれなりに・・・

 お華束は、餅を搗かなくなってしまい模造品に・・・

 技術を継承する人や、手間暇掛ける時間的余裕や、人数不足・・・

 そんなこんなで「変更」せざるをえん事に。。。

 でも、ほんこさんは相続されて行ってます。。。

 昨日も話をしてんやけど・・・

 変わるものと、変わらないもの・・・

 変わらないもの「念仏」の相続のため、変えざるをえんものが出て来る・・・

 その変わらないもの「真実の教え=本願念仏の教え」を自らが引き受け、次の世代に送って行く・・・

 その変わらないものの「確認」する場が「ほんこさん」なんでしょうね。。。

 そのほんこさんに、今日・明日と生蓮寺へ・・・


posted by こてっちゃん at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

送迎付きの法事を・・・

送迎付きの法事を・・・

 先日の日曜日・・・

 姫路のKさん宅のお父さんの13年の法事が・・・

 以前からお斎を一緒にということで、帰りは代行を頼まんならんなぁぁぁ〜〜〜っと・・・

 前日に、法事に行きはる近くの門徒のKさんから電話が・・・

 「みょうしょうさん、一緒に乗って行ってか???」と・・・

 その日は砥堀の真行寺さんとこの報恩講と重なっていて、10時からのお勤めを済まして10時半からの法事に行く予定にしてたんやけど・・・

 送ってもらう事に・・・

 で、初めは、真行寺さんまで送ってもらって、お勤めが終わり次第、タクシーか誰かに送ってもらって、法事のKさんとこまで行こうと・・・

 そんなこんなの予定をうだうだと話してたんやけど、結局、Kさんに真行寺さんとこにも迎えに来てもらう事に・・・

 でもって、時間通りに法事のお勤めも済まし、お墓にもお参りし、お斎をゆっくりよばれる・・・

 初めの一杯はビール、で、その後は熱燗でちびちび、ぐいぐい、と・・・

 これまた、4時半に初七日のお勤めに行かんならんかったんで、そこまで送ってもらい・・・

 酔っ払ってしまってたんやけど、初七日を・・・

 最後は、YUMIKOさんに向かいに来てもらい・・・

 長〜〜〜い一日が終了!!!

 で、昨日は法事でお参りに行けなかった逮夜のお参りに行ったら・・・

 「一杯呑んではったんやな!!!」と・・・

 そんなこんなで、法事でよばれてしまうと、「すみません」・・・

 でした。。。

 が、たびたびですわ。。。



 
posted by こてっちゃん at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

三塗(さんず)の黒闇(こくあん)ひらくなり・・・

三塗(さんず)の黒闇(こくあん)ひらくなり・・・

 先月の28日のご命日の同朋会に、浄土和讃の6首目のお話しを・・・

 仏光照耀最大一(ぶっこうしょうようさいだいいち)   光炎王仏(こうえんのうぶつ)となづけたり   三塗(さんず)の黒闇(こくあん)ひらくなり      大応供(だいおうぐ)を帰命(きみょう)せよ

 仏光照耀最大一というのは「阿弥陀さん」のことで、光炎王仏と名付けたのも「阿弥陀さん」のことやし、三塗の黒闇をひらくのも「阿弥陀さん」で、その「阿弥陀さん」を大応供と言うんだと・・・

 この和讃は、結局全て「阿弥陀さん」の別名なんよね・・・

 阿弥陀仏のはたらきを、様ざまな「名」でもって、言い当てようとしてはるんではないのかな???

 阿弥陀仏と言う名は、それぞれの言葉でもって変化自由に、あたいたちに、はたらきかけ、届けられるんだと・・・

 で、三塗(さんず)の黒闇(こくあん)ひらくんだと・・・

 あたいたちは、いつも三塗の黒闇に沈んでいる現実があって・・・

 地獄・餓鬼・畜生の三塗に・・・

 それが黒闇だと言いあてられているのは、黒闇を黒闇だとも思わずに生きているという事ですよね・・・

 地獄の境界を生きながらそれを地獄だと思わない、思えない、餓鬼の境界に生活していながらそれを餓鬼だと感じることができない、そして、畜生の境界に居ながらそこに安住してしまっていることを「黒闇」だと・・・

 それぞれの境界をしっかりと握りしめて手放すことができない状態で生活を営んでるんですよ・・・

 そんなあたいの有り様を「阿弥陀さん」が常にはたらきかけて下さってますよ、と・・・

 様ざまな別名でもって・・・

 気付いて下さいと。。。

 気付かされた時が「ひらいた」という表現で教えられているんでしょうね。。。

 「ひらかれていくんです」・・・

 頑なに握り閉めていた「三塗」といわれていた生き方が・・・

 気付くということは、目覚めたということでもあるんよね・・・

 地獄の境界をこしらえてそこに生きていた事に気付く・・・

 餓鬼の境界を好んで生きていた事に気付く・・・

 畜生の境界に安住していた事に気付く・・・

 そして「ひらかれる」ことで、生き方の方向が変わる・・・

 西の方向に転換し歩み始める・・・

 それは、今まで生きて来た自分の全てが「念仏者」としての生活にシフトされ、その生涯がはじまる。。。

 それが、三塗の黒闇ひらくなり・・・

 なんかもね。。。




 
posted by こてっちゃん at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする