2018年02月01日

今日は、「是旃陀羅」問題に関する学習会・・・

今日は、「是旃陀羅」問題に関する学習会・・・

今日は、姫路の教務所でお勉強・・・

 日時:2018年2月1日(木)午後2時〜5時

  会場:教区同朋会館(姫路)講堂

 講師:阪本仁氏(解放運動推進本部本部員)

 浄土の三部経の中の観無量寿経に説かれる「是旃陀羅」(ぜせんだら)という言葉をどのように理解して来ていたのか???

 で、どのようにこの言葉をいただいたらいいのか???

 当事者として。。。

 長年にわたって問題提起がされて来ているんやけど・・・

 それぞれが、現場の当事者としてどう向き合っているのかが問われています。。。

 アジャセが母親を殺そうてした時に、二人の大臣から「あなたが、いまここで母を殺せば、あなたはセンダラだ」と言われる・・・

 王のアジャセが、センダラになる・・・

 母を殺すとセンダラになる・・・

 センダラ、アウトカーストに落ちるのだと。。。

 この「是旃陀羅」をどう解釈するのかが問題だし、どう解釈してきたのかも問題です・・・

 例えば、今までは「母殺しをするとセンダラと同等の者に成り下がる」「母殺しはセンダラのようだ」という意味に解釈して来ています・・・

 しかし、当時のバラモン社会の背景からすると「母を殺したらセンダラの階級に実際に落とされてしまう」という解釈もあります・・・

 実際には、現代の聖典の学習の手引きの中での解説の、センダラの解釈が問題だと指摘されています・・・

 そんなこんなの問題の整理し、観経を読誦してきた当事者として学び直すご縁をいただきました。。。

 で、お昼から出かけます。。。







posted by こてっちゃん at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: