2017年12月23日

法中のほんこさん・・・

法中のほんこさん・・・

 毎年のことやけど・・・

 今日、23日が、法中のほんこさんの最後・・・

 その前に門徒さんの3年と33年の法事に・・・

 で、亡くなりはったお二人の孫になる高一の女の子に・・・

 3年になるおばあさんのお葬式の他に今まで何人のお葬式に行きはった???

 と、尋ねたら・・・

 4人・・・

 で、どんな人・・・

 お母さんのおおじいさんとおじさん・・・

 それと、中2の時の同級生。。。

 同じバレーを習っていた子・・・

 お風呂で倒れて亡くなっていたと・・・

 先月の出来事・・・

 まだ、中陰中で、一杯考えさせられた同級生のお葬式・・・

 身近な人の死が、明日がある、明日があると思い込んで、当たり前に生きている自分を、いのちの現実がそんな自分をひっくり返す・・・

 ひっくり返されることが亡き人と一緒に生きることでもある。。。

 そんなことが、午前中の法事で・・・

 で、その後、法中のほんこさんに・・・

 ぎりぎり間に合って・・・

 お斎をかきこんで・・・

 御満座。。。

 今年、最後の「如来大悲(にょらいだいひ)の恩徳(おんどく)は   身(み)を粉(こ)にしても報(ほう)        ずべし  師主知識(ししゅちしき)の恩徳も   ほね(骨)をくだきても謝すべし」・・・

 でした。。。




 

 

 

 
posted by こてっちゃん at 20:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平等な命だけど神様仏様の前では、違うのは、不思議だなぁと
Posted by ウルトラ満太郎 at 2017年12月24日 10:20
みんな違ってみんな良い・・・不思議ですね・・・
Posted by at 2017年12月24日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: