2017年11月03日

『破調和如来』 (は ちょうわ にょらい)・・・

『破調和如来』 (は ちょうわ にょらい)・・・

『破調和如来』これは、金子大栄さんの言葉のようです。。。

 調和を破る破壊するのが如来のはたらきですと・・・

で、あたいは、勝手にこのような意味だと思ってるんですが・・・

 正信偈には、「已能雖破無明闇」(すでによく無明の闇を破すといえども)とありますよね。。。

 阿弥陀如来は、私の無明の闇を破るのだと・・・

 で、ここでは、已・すでにとあります・・・

 仏教では、「過去・現在・未来」を「已・今・当」という言葉で表すことがあります。。。

 だからこの正信偈の言葉からは、已(すでに)煩悩によってがんじがらめにからめ捕られてしまっている我が身が知らされた。信知したはずなのにですね・・・

 「わかっちゃいるけど、やめられない」ことが、次々に起こってしまう。起こしてしまう自分が在る・・・

 そういう我が身の現実が無明の闇が破れたといえどもと、言いあてられる。「闇」は破られ続けるのでしょう。一度破られたのでそれで終わりということではないということでしょうね・・・
 
 破られ続けることを教える言葉が、この金子大栄の『破調和如来』でしょうね。。。

 私たちの感覚からすれば、スムーズに良好な人間関係を築きながら世間を生きていくには、周りと「調和」を取っていくことは大事なことです・・・

 だから「調和」を大切にし、逆に「調和」を乱すことは否定されます・・・

 しかし、その調和を求める自分が、自分に合った、自分の都合のいい調和でしかないのでは?と・・・

 「私の調和」が問われた時、果たしてその「調和」は、本当に「調和」ということができるのですか???
 

 私はいつも自分の気にいったものを選び取り、気にいらないものは選び捨てているという取捨選択、選別し・計らい・嫌っています。。。
 

 改めてそんな私を知らしめる言葉が、先日、教えてもらったこの『破調和如来』ですね。。。




posted by こてっちゃん at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: