2017年01月29日

無明の闇を破するゆえ・・・

無明の闇を破するゆえ・・・

 昨日の、例会の和讃・・・

 無明の闇を破するゆえ・・・

 無明の闇を破するゆえ   智慧光仏となづけたり   一切諸仏三乗衆   ともに嘆誉したまえり
                                    (浄土和讃・讃弥陀偈讃9)

 のところ・・・

 で、阿弥陀仏のはたらきは、無明の闇を破するので、智慧光仏と名付けられているんだと・・・

 無明は苦の元だと、お釈迦さんは十二縁起で説かれていて・・・

 苦悩(老病死)は生(生まれた)事を縁とし生は有(存在)を縁とし有は取(執着)によって起こり取は愛(渇愛)から起こってくる・・・

 そして、全てはの行(行為)は無明より起こっている・・・

 と・・・

 あたいたちの苦しみ悩みは無明から起こっているんだと教え・・・

 その無明を破って悩み苦しみから解放してくれる「智慧」を与えてくれる・・・

 それが阿弥陀さんなんだと。。。

 この和讃、どこかで見たぞ・・・

 っと、気になっていたら・・・

 トイレに今年の年始の挨拶に配った、真宗教団連合から出している法語カレンダーの1月の法語に・・・

 無明の闇を破するゆえ 智慧光仏となづけたり ・・・

 と、書かれてあって・・・

 タイムリーに重なっていた事に気付いたことでした。。。

 カレンダーには前半の二句だけなんやけど・・・

 この後の二句・・・

  一切諸仏三乗衆  ともに嘆誉したまえり・・・

 と、続いていて・・・

 一切全ての仏道を歩もうとしている人仏・菩薩も含めて・・・

 阿弥陀仏の「光明遍照 十方世界 念仏衆生 摂取不捨」 (阿弥陀仏の光明は、あまねく十方の世界を 照らして、念仏衆生を摂取して捨てたまわず)と言う本願をほめたたえて・・・

 あたいたちに、阿弥陀の浄土に生まれることを勧めている。。。

 そんなこんなの和讃を昨日の例会で確認してということでした。。。



 
posted by こてっちゃん at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック